大工で、やる気のある方大募集


by itdksnedsv

首相、外国人参政権「簡単ではない」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は27日夜、永住外国人への参政権(選挙権)付与法案について、「連立与党のなかでまとまることが最低限必要だ。国民新党が強く反対しているので、簡単な話ではない」と述べ、現状では今国会への提出は困難との認識を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 同法案に関しては、国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が22日の衆院予算委員会で、「国民新党は付与に反対だ」と答弁。この発言を受け平野博文官房長官は26日の記者会見で「閣内で合意した上で物事を進めなければならない」と慎重な姿勢を示した。

 永住外国人への参政権付与は民主党の小沢一郎幹事長の持論で、昨年12月に訪韓した際には「通常国会でそれが現実になるのではないか」と強調。今月11日の政府・民主党首脳会議では政府提案で成立を図る方針を決めていた。

【関連記事】
【写真劇場】結論待つ「世界一危険な基地」
谷垣自民 切り札なき「逆襲」
「最終戦争」国民の軍配は
【鳩山政権考】どうする地方参政権付与法案 花岡信昭
【佐藤優の地球を斬る】外相が「真実」を語れない理由

「聴取後に小沢氏会見すべき」渡辺総務副大臣(読売新聞)
「幼保一元化」法案、11年度提出へ=鳩山首相が参院予算委で表明(時事通信)
答弁拒否、閣僚席飛び出し…“国会崩壊”の様相(読売新聞)
タンチョウ 川霧の中で目覚め 北海道鶴居村(毎日新聞)
女流名人位戦、里見が先勝(産経新聞)
[PR]
by itdksnedsv | 2010-02-02 01:34