大工で、やる気のある方大募集


by itdksnedsv
 南アフリカで開催中のサッカーW杯は、日本代表が強豪カメルーンを下し、盛り上がりを見せ始めた。急遽観戦ツアーに出かける人もいるようだが、現地の治安状態は相変わらず悪く、犯罪の被害に遭遇する日本人も増えている。

■ハグの最中にポケットから財布を抜き取られる

 日本代表が勝利を収めた2010年6月14日。試合後の午後6時半ころ、南ア中部のブルームフォンテーンで日本人男性が強盗被害に遭った。南アではW杯取材中のポルトガル人や韓国人、中国人が強盗被害にあっているが、日本人では初めて。

 男性は、日本代表戦の取材に訪れていたガンバ大阪のオフィシャルカメラマン(33歳)。試合会場のフリーステート競技場から約2キロ離れた「ホテルフォーミュラー1」に帰る途中、一緒に歩いていた仲間とはぐれたところを襲われた。

 通りがかりの男に時刻を聞かれて立ち止まると、隠れていた2人組に後ろから首を絞められ、持っていたリュックサックを奪われた。被害は現金とパスポート、カメラなどの機材だけで、ケガはないという。

 以前にも、背後から襲われ、腕で首を絞められた、といった体験がブログなどで語られている。

 また、ツイッター上には、試合終了後に現地の少年に求められてハグ(抱擁して祝福)している最中に、少年の仲間にポケットから財布を抜き取られたが、チェーンをつけていたため難を逃れたという人のツイートも見られる。

■「荷物最小限に、身体から離さない」が鉄則

 現地で観戦していた村上敦伺氏によると、スタジアムの観客席で日本の勝利に酔う間、観戦チケットの入ったカバンが盗まれたり、デジカメや携帯電話をすられたりする被害が相次いだという。また、翌日のホテルのチェックアウト時にも、日本人が置き引きの被害に遭っている。

 村上氏は、W杯出場32カ国を踏破して現地観戦をする「世界一蹴の旅」プロジェクトを進行中。今回で5度目の南ア訪問で、これまで危険な目に遭遇した経験はない。ただ、

  「どこが安全なのか情報を集め、危険な場所には近寄らないことが大事。安全といわれる場所でも、夜間に一人で行動してはいけない」

と現地の常識を明かす。その上で、外出するときは荷物を最小限にし、身体から離さないことが鉄則だという。

  「南アに限らず、日本の常識は世界では通用しない。自分の身は自分で守るのが原則だ。犯罪者は明らかに外国人を標的にしているが、日本人の危機意識の低さも影響する。お祭り騒ぎに浮かれず気を引き締めて行動するよう警笛を鳴らしたい」

 南アの人たちの多くは親切で明るく人懐っこいというが、「世界最悪の治安」というのも事実。日本代表が勝ち進むことで、現地への渡航者が増えることも考えられるが、くれぐれも細心の注意が必要だ。


■関連記事
W杯 「一番の番狂わせ」 日本代表勝利に世界が注目 : 2010/06/15
不規則に飛ぶW杯公式球 「GK泣かせ」早速証明される : 2010/06/14
女子アナW杯の現地入り断念 治安状態に対する不安ぬぐえず : 2010/05/25
「ドリブル」特化のスパイク : 2010/06/15
【世界一蹴】サッカー南アW杯開幕!現地は盛り上がっているぞ : 2010/06/09

<生存権訴訟>生活保護の老齢加算廃止は違法 「国の検討、不十分」−−福岡高裁判決(毎日新聞)
8月末までの地元合意困難=普天間工法の決定―北沢防衛相(時事通信)
北海道知事 急性腹症で入院 15日に退院予定(毎日新聞)
1千万円詐取、元生保社員逮捕=「解約に金必要」とだます―兵庫県警(時事通信)
専門医に聞く、LDLコレステロール管理(上)(医療介護CBニュース)
[PR]
# by itdksnedsv | 2010-06-18 19:47
 直嶋正行経済産業相は4日、鳩山由紀夫首相の退陣表明に伴う民主党代表選で、「菅(直人)さんに投票しようと決めている」と明言した。民主党政権として政策の一貫性をとるため、同じ内閣の副総理を務めてきた管氏が最もふさわしいと判断したという。

 一方、鳩山首相と同時辞任した小沢一郎幹事長については、「選挙の体制づくり、党内の基盤づくりでいえば大きな功績があったことは事実」としながらも、「政治と金の問題で、国民の不信をかってきた」と批判。新内閣は国民の政治に対する信頼を取り戻すことが最大の課題だとの認識を示した。

 また自身の続投については,「道半ばで、やりたいこと、手がけてきたことがたくさんある」と意欲を示した。5日から札幌で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の貿易大臣会合についても、「新たな方が任命されれば行く必要ないが、私がいく状況なら予定通りいきたい」と述べた。

【関連記事】
菅氏「首相から(引き継ぎの)メモをいただいた」
「いちいち目くじら立てられない」 山岡氏、菅氏の小沢はずし発言に
小沢氏側近の松木氏、菅氏の小沢外し発言に不快感
菅氏でも樽床氏でも 14年ぶり“非世襲”首相
菅氏、早くも“上から目線”!? 「小沢さん静かにしていて」

「農水相がゴルフ」報道で処分=TBS(時事通信)
社民離脱「首相の結果責任ある」官房長官(産経新聞)
糖尿病治療薬グルコバイのOD錠を発売―バイエル薬品(医療介護CBニュース)
民間委託の介護関連施設調査、昨年度の実施状況を報告―厚労省(医療介護CBニュース)
電子書籍を利用しない理由(Business Media 誠)
[PR]
# by itdksnedsv | 2010-06-08 04:11
【法廷ライブ SS元船長初公判】(4)

 《引き続き、環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」元船長のピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)が乗る抗議船「アディ・ギル号」が調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に接近してくる様子を同船の男性乗組員が撮影した映像が法廷内の大型モニターに流れ、状況を説明する乗組員の声が響く》

 《乗組員「AG(アディ・ギル)号が左舷に近寄ってきます」》

 《白波をたてながら、急速に接近するアディ・ギル号。中央付近にベスーン被告の姿があった》

 《乗組員「AG号の船長を確認しました」

 「平行しています。近寄ってきています」》

 《ここでベスーン被告が動き出す。画面からは何をしているかは把握できないが、乗組員が緊迫した状況を伝える》

 《乗組員「ランチャーのようなものを準備しています。ランチャーのようなものを構えています」》

 《併走するアディ・ギル号がさらに近づく》

 《乗組員「ランチャー発射。AG号は離れていきます」》

 《落ち着いた声で状況を説明する乗組員。船内では「大丈夫?」「何か落ちてきた」という声が飛び交い始める》

 《乗組員「何か被弾しました」

 「酪酸を乗組員がかぶったようです。酪酸入りのものが投げ込まれました。乗組員に当たったようです。下に行って確認してきます。終了します」》

 《ここで映像は途切れ、検察官が説明に入る。ベスーン被告は映像が流れている間、しきりに通訳の女性の方を見つめていた》

 検察官「これは乗組員がマストから撮影したビデオです。被告はランチャーで酪酸入りの瓶を発射して、『ヒャッホー』と歓声を上げて立ち去っていきました。続いて、(撮影の)乗組員が(マストから)下りて船内の状況を撮影した映像を映写します」

 《洗面所が映し出される。男性乗組員3人が蛇口の前に立ち、顔や目を懸命に洗っている。先ほど撮影していた男性乗組員が説明を始める》

 《乗組員「顔が赤くなり、目にも入ったようです。清水で洗っています。とても危険です。危険です」

 「上着を脱いだほうがいい。上着にもついているから」》

 《3人は指示に従い、上着を脱ぎ始める》

 《乗組員「顔がだいぶ腫れ、赤くなっています。ヒリヒリ痛いようです」》

 《映像は5分ほどで終了し、検察官は顔を洗っていた3人のうち、真ん中に立っていたのが負傷したとされる乗組員(24)であることを説明した。ベスーン被告は疲れたのか、両目の内側付近をもみほぐした。検察官は続いて、乗組員たちの供述調書の要旨を読み上げていく》

 検察官「近くで破裂音がして、酪酸のにおいが立ちこめた」

 「(アディ・ギル号は)左舷から15メートルぐらいのところで平行していて、(ベスーン被告が)ランチャーを斜め上に構えているのが見えた。『バーン』という音がして、ランチャーから赤い煙があがった。(ベスーン被告は)『ヤッホー』とガッツボーズをしていた」

 「ランチャーを構えているのが見え、『来るぞ』と叫ぶ声が聞こえた」

 《検察官は引き続き、第2昭南丸の船長の供述調書を読み上げる》

 検察官「負傷者の救護のため船団から離脱しました。被告の自分勝手な危険な行為で許せません。厳しい処罰を望みます」

 《続いて検察官は負傷者の診察を行った母船「日新丸」の船医の供述調書の読み上げに移るが、はじめに前置きした》

 検察官「これは信用性が争われています」

 《この船医は昭和50年に医師免許を取得。平成14年から4年間、民間の客船で船医を勤めていたという。検察官は船医が豊富な経験、知識を持っていることを強調したいようだ》

 検察官「私は外科医で皮膚科医ではありませんが、やけどの診察や治療をしたことがあります。やけどは特殊な例でなければ診察可能です。船ではスチームやけどの診察をよくやりました」

 《船医は乗組員のやけどを全治1週間と診断した。その経緯を説明する。第2昭南丸の船長から無線で異変を知らされた船医はデジタルカメラで撮影した患部の写真をメールで受信し、無線で問診した》

 検察官「左ほほに水ぶくれがあり、ジュクジュクしているということでした。右目もゴロゴロしている状態だと説明していました。両目は赤く充血していました。水ぶくれなどから、全治1週間の熱傷と判断しました」

 《証拠調べは続いて、ベスーン被告が第2昭南丸に侵入した様子を船内で説明する写真に移る。大型モニターに映された写真の中で、ベスーン被告は自らが切り裂いたネットを指さしていた》

 検察官「ナイフで下から上に切り裂きました」

 《ネットを切り裂いたベスーン被告が手すりを乗り越えて船内に侵入する様子を説明する。そして、船内の見取り図が映され、ベスーン被告が侵入した場所や、乗組員に発見された場所などが図示された。続いて、ナイフを押収した状況の説明が行われた》

 検察官「被告は客室内で逮捕され、客室内の捜索が始まったとき、足首を指してナイフを隠し持っていることを告げました」

 《押収されたナイフの写真がモニターに映し出される。検察官はナイフの全長が33センチ、刃の長さが19センチだったことを説明した。証拠調べは続くが、午前11時55分、多和田隆史裁判長が口を開いた》

 裁判長「(午前中は)ここまででいいですね」

 《裁判長は午後1時15分からの再開を告げた。ベスーン被告は通訳の女性の顔を見ながら、静かにうなずいていた》

 =(5)に続く

【関連記事】
【法廷ライブ】(1〜)職業は「キャプテン」「傷害の意図なかった」 SS元船長初公判ライブ 
SS船長初公判 NZでは「世界最速の英雄」「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」
傷害罪の成否カギ シー・シェパード元船長、きょう初公判
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 
「政治的意図で逮捕状」と批判 シー・シェパード代表

酒の安売り、飲み放題の規制強化へ…WHO指針(読売新聞)
衝突の瞬間「ガツッ」 叫ぶ乗組員 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
<普天間移設>外相「追加アセスも」 「環境型」念頭か(毎日新聞)
<伊達政宗>伊達政宗から18代目 18代目党首が茶摘み(毎日新聞)
ワクチン接種、新たに3市1町で=牛にも実施―口蹄疫問題(時事通信)
[PR]
# by itdksnedsv | 2010-05-29 07:09
 14日午後4時52分ごろ、伊豆諸島近海を震源とする地震があり、東京都新島村で震度2を観測した。気象庁によると、震源の深さはごく浅く、地震の規模を示すマグニチュードは3.0と推定される。

【関連ニュース】
地震:新潟・下越地方で震度3=午後6時18分
地震:東京で震度3=午後1時33分
地震:新潟県で震度4=午後6時20分
地震:群馬・高崎などで震度3=午後7時33分
地震:茨城・常陸太田などで震度3=午前7時21分

<新型インフル>患者情報の対応分かれ 都道府県調査(毎日新聞)
<着服>愛知高速交通の元主幹を懲戒解雇(毎日新聞)
裁判員制度 守秘義務、対象事件 見直し論高まる(産経新聞)
<食品衛生法違反>疾病牛の内臓を販売 3容疑者逮捕 栃木(毎日新聞)
空自技官、勤務中に現金収受=収賄容疑で基地捜索−北海道警(時事通信)
[PR]
# by itdksnedsv | 2010-05-21 10:45
 岩手県雫石町の小岩井農場にある、「一本桜」が満開となり、見ごろを迎えている。今年4月は例年よりも寒い日が多く、昨年よりも10日遅い開花。満開も6日遅い7日となった。
 小岩井農場によると、この一本桜は詳しい樹齢は不明だが、放牧された牛を夏の強い日差しから守る「日陰樹(ひいんじゅ)」として、明治40年代ごろに植えられたという。
 白い雪をまだ頂に残す岩手山を背景に、青々とした小岩井の大地の上、一本桜は堂々と花を咲かせて立っている。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕いわて銀河プラザがリニューアル=東京・銀座
〔地域の情報〕ゆきうさぎちゃんが岩手観光をPR
〔地域の情報〕「赤毛のアン」100周年で記念展=広島・福山
〔地域の情報〕黒豚「アグー」のブランド化に着手-沖縄県

改正臓器移植法のガイドライン案を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
<日比経済連携協定>マニラで比人看護師ら118人の壮行会(毎日新聞)
北京に外務省高官派遣 金総書記の訪中受け(産経新聞)
医師不足や保険制度めぐり3議員が意見―医療政策シンポ(医療介護CBニュース)
関西3空港一元管理で、神戸商議所会頭が「神戸空港民営化も選択肢」(産経新聞)
[PR]
# by itdksnedsv | 2010-05-13 07:50